怨念-会津若松② - KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α

2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 怨念-会津若松②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。

怨念-会津若松②

今日は
②飯盛山(白虎隊自害の地)です。
白虎隊 - Wikipediaで色々と調べました。

正式名称は「白虎士中二番隊」

生存者は飯沼貞吉さん。

その飯盛山には白虎隊士の墓があります。
すぐ隣には「ささざ堂」「近藤勇の首塚」、、、いろいろ有ります。

歴史に、特に幕末に詳しい方は是非行ってみるといいと思います。

白虎隊の自害には様々な意見があるります。
私が学生時分には「馬鹿じゃね~か」「いや素晴らしい忠誠心だ」、、、
全ての方の意見が一致することはありませんでした。

皆さんどう思いますか?

私はこう思います。やはり時代背景がそうさせたと。だから、
「いや素晴らしい忠誠心だ」
こちらに賛成です。

生きるか死ぬか、殺されるか殺すか、

そんな状況下で
「馬鹿じゃね~か」
と思えるほど余裕のある方はいないでしょう。

戦争でもそうです。人を殺すことはいけない事であるが、「殺さないと殺される」という状況下では人間は日常生活上の正常な判断は出来ません。そこには理性は無く本能。

白虎隊の隊士はどんな心境だったのであろうか。本当に今は平和で有りがたいものである。

歴史というものは必ずそれを伝える人がいる。

「飯沼貞吉」
唯一の生存者

また、会津と繋がりの深い「新撰組」

最後の生存者であろう「永倉新八」

時代を伝承する方がいればこその歴史である。


関連記事
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kurokeiba.blog43.fc2.com/tb.php/727-c94da777

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。