98%軸馬絶好調 - KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α

2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 98%軸馬絶好調

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。

98%軸馬絶好調

「的中率」と「回収率」とのバランス。

***********************
ある方のお言葉ですが(勝手な掲載スイマセン)

「トータルの回収率100%を超えた人が勝者であり、馬券の種類も様々ですので、勝者の答えはひとつでは無いと思ってます。」

まったくその通リだと思います。

自分の今までを振り返ると様々な検証を行ってきました。
***********************
☆オッズ系
「全国の競馬ファンの投票によって浮き彫りになる力関係」
素直に行けばこれに沿って結着するべきなのだろうが、、
では、全国の競馬ファンは何を根拠に投票するのだろうか?
「競馬新聞」が大半だろうか。そこには多くの情報が散りばめられている。それをどう解釈するかは個人次第だが、掲載できる内容は競馬ファンを煽る内容が殆どだ。実際に不安材料がレース後に判明することもある。優駿投資の検証も、実はこのオッズを利用した必勝法である。会員の方は是非検証してみるといいでしょう。確実に勝てる方法です。しかし、この方法の欠点は「オッズ」を相手に投票するわけなので、直前までパソコンの前にへばりつく必要なでてくるわけだ。自動投票のプログラムもあるだろうが、これは現実問題として難しい面もある。土日がフリーな人でなければお勧めは出来ない。

***********************
☆インサイダー系
ブログ内の様々な無料サイトの情報は常にチェックしています。確かに競馬新聞に載らないような内容が満載です。本命視する馬は殆ど同じ傾向です。人気馬に◎もあれば穴に◎もあります。コイウタに◎(玄人競馬)は流石に半信半疑でしたが、数分後には驚きに変わりました。事前に各馬の不安情報がわかるのは非常にありがたいのですが、それが必ずしも的中に結びつくのかは約束できません。しかし、様々な「競馬の裏」がわかるのは楽しいものですし、ある意味カルチャーショック的な気分を味わえます。全てのサイトの情報が同じ時は殆ど的中します。この検証を通して、「予想のスパイス」程度に留めるのが妥当かと。
※宝塚記念=◎アドマイヤムーン(玄人競馬)
***********************
☆適性判断
上部リンクに「JRA競馬場 完全攻略 」を掲載しました。全国の競馬場での適性を考慮しようとした試みです。JRAさんの枠組みは絶妙で、「今回はこの枠組みだったら逆転があるな、、」などと面白いです。脚質や枠の有利不利で頭が予想できそうな気がします。というか其れこそがJRAの策なのかもしれません。JRAの策といえば、今年のG1もそのような傾向ですが、、。こういった傾向をしることは、陣営の思惑を探ることにも繋がると思っています。「今回は適性コースでこの騎手を確保したから勝負かな?」など。今後も検証する価値はあります。

***********************
☆まとめ

様々な検証を通して思うことは

「トータルの回収率100%を超えた人が勝者であり、馬券の種類も様々ですので、勝者の答えはひとつでは無いと思ってます。」

馬券の種類を⇒検証の種類に置き換えてみる。

検証の種類や予想の切り口が違えども「回収率100%」をコンスタントにクリア出来る人が勝者であるという結論です。

最近、かなりのデーター検証を行いました。(参照
5年間トータルで

対象レース=307
1着=218(勝率:71.0%)
2着=61(連対率:90.9%)
3着=22(複勝率:98.0%)
着外=7(2.3%)

ある年は複勝率100%です。

様々な検証を経て出て来た結果に対して素直に考察してみました。
やはり数字は嘘をつきませんでした。

「的中率」と「回収率」とのバランスを保つためには
データーが非常に大切なことがわかりました。

最近、98%軸馬選別法に関しての問い合わせが殺到しております。
「いつまでも使えるのか」「間違いないのか」

答えは、、私にも解りません。

だってデーターは数字ではありますが生き物です。日々変化します。
だから考察を続けるのでよね?
しかし5年間のデーターでこれだけの結果があるわけですから大丈夫だとも思います。大切なのは「何を信じるか」ではないでしょうか?

私の競馬収支は必ず年間プラスではありません。それは「様々な誘惑=検証の幅を持ちすぎ=他人の言葉に惑わされすぎ、、」だからだったと今は思います。

今後は確実な軸馬の選定と確実な回収率100%以上を目指すべく検証を続けます。

最後に

「競馬は間違いなく勝てます」

------------

※【98%軸馬選別法】をご希望の方は以下のリンク及び上部リンクから連絡を下さい。厳密に限定30人とさせて頂きます。オッズが左右されかねない情報ですのでご了解下さいませ。(残り18名)
イーバンク銀行の口座をお持ちの方のみ受け付けます)

【98%軸馬選別法】をご希望はこちらからどうぞ
関連記事
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kurokeiba.blog43.fc2.com/tb.php/447-4251ad95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。