PICK UP!!新潟記念(GⅢ) - KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α

2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α ホーム » スポンサー広告 » pick up 重賞 » PICK UP!!新潟記念(GⅢ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。

PICK UP!!新潟記念(GⅢ)

★見どころ★
夏競馬の最終週を締めくくるのは、 サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念。今年は例年以上にこれまでのシリーズで良績を残してきた馬の出走が多く、“決勝戦” 的な意味合いがより強くなった。

シリーズ第1戦の七夕賞を制したのがアスカクリチャン。当時は16頭立ての14番人気と、 全くと言っていいほど評価をされていなかったが、レースでは鞍上・内田博騎手の好プレーもありゴール前で差し切り勝ち。距離・ コースともに不得手と考えられた条件での勝利は、馬自身の成長も感じさせた。続く小倉記念では⑥着に敗れたものの、今回は4勝を挙げている、 最も得意な新潟コース。巻き返しは十分だ。

2戦目の函館記念の勝ち馬はトランスワープ。7歳となる今年急激に力を付け、 1000万→準オープンと連勝。2、3走前はオープン特別で1番人気に推されながらも⑧③着に敗れたが、 これが糧となってか前走では直線で間を割って抜け出し重賞初制覇を成し遂げた。 これまでの先行逃げ切りからレース運びの幅が広がったのは充実の証。一気に夏の王者となる資格は大いにある。

3戦目の小倉記念はエクスペディションが勝利。 今季は精彩を欠く競馬を続けていたが、休み明けの七夕賞(⑧着)を叩いて迎えた得意の小倉で見事復活、重賞初制覇となった。 その小倉で全6勝中5勝を挙げ、もう1つの勝ち鞍も京都の内回りでのもの。さらに左回り自体も初めてと課題は少なくないが、 瞬発力のある馬だけに広いコースは問題なくこなすだろう。あとは自分との勝負だ。

七夕賞、小倉記念で連続②着とあと一歩のところで涙を呑んでいるトーセンラーも逆転王者を狙って参戦。 新潟は4走前の新潟大賞典で⑪着に大敗しているが、これは渋った馬場が多分に影響してのもので参考外と見ていい。 上がり3ハロン33秒台の脚も使えるだけに瞬発力勝負で見劣ることはなく、あと少しの運さえあれば久々の勝利も目前に見えてくるはずだ。

他、当レース3連覇を目指すナリタクリスタルや函館記念で1番人気(④着)に推されたトウカイパラダイス、 前走NST賞を制したスマートシルエットや2年前の新潟2歳Sの覇者マイネイサベルなどのコース巧者らも上位進出を虎視眈々と狙っている。波乱となることが多いレースだけに、 思わぬ伏兵の存在にも要注意だ。

引用
★競馬トレンド★
関連記事
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kurokeiba.blog43.fc2.com/tb.php/1697-6df39f4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。