PICK UP!!天皇賞(秋)(G??) - KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α

2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α ホーム » スポンサー広告 » pick up 重賞 » PICK UP!!天皇賞(秋)(G??)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。

PICK UP!!天皇賞(秋)(G??)

第144回天皇賞(秋)(G??) 3歳馬の王者を決める戦いが終わり、今週末は古馬による中距離王決定戦・天皇賞(秋)。ブエナビスタ、アーネストリーらをはじめ、さらに層の厚くなった4歳勢も虎視眈々と秋の盾を狙っている。 アーネストリー 牡6歳、[栗]佐々木晶三 21戦10勝 前走:2011/9/25 オ...

 

第144回天皇賞(秋)(G??)

3歳馬の王者を決める戦いが終わり、今週末は古馬による中距離王決定戦・天皇賞(秋)。ブエナビスタ、アーネストリーらをはじめ、さらに層の厚くなった4歳勢も虎視眈々と秋の盾を狙っている。

アーネストリー
牡6歳、[栗]佐々木晶三
21戦10勝
前走:2011/9/25 オールカマー(G??)①着
 札幌記念を捻挫で回避した後のレースとなった前走。マイナス12キロの馬体が不安視されたものの、終わってみれば横綱相撲で完勝。一頓挫明けでも役者が違った印象で無事に前哨戦をいい形で終えることができた。今回は昨年③着に敗れた舞台。「直線が長いと飽きてしまう」とのことで東京コースに不安は残るが、G??曄璽垢箸靴椴廚犧2鵑郎鯒?幣紊寮?咾?瓩瓩蕕譴襦?

エイシンフラッシュ
牡4歳、[栗]藤原英昭
13戦4勝
前走:2011/6/26 宝塚記念(G??)③着
 昨年のダービー以降勝ちがない同馬だが、今季は3戦走って③②③着と安定して駆けている。前走は直線で間を割るように伸び、最後はブエナビスタの強襲に遭うも③着を確保。昨秋の不振は菊花賞を回避した影響もあってのものだけに、世代の頂点に立った東京コースで再度あの脚が使えれば巻き返す余地は十分だろう。今回はルメール騎手が騎乗予定。

ジャガーメイル
牡7歳、[美]堀宣行
22戦6勝
前走:2011/10/9 京都大賞典(G??)④着
 今季は春を全休。前走は勝負どころで積極的に押し上げるも間隔が開いた影響か最後は脚が止まってしまった。それでも長期の休養明け初戦としてはまずまずの内容、叩いての上積みも見込めるだけに軽くは扱えない。昨年のこのレースは最下位⑱着に降着となったが、この馬自身進路を塞がれるシーンもあり、まともなら上位進出もあったはず。ここは天皇賞春秋制覇が掛かる舞台だ。

ダークシャドウ
牡4歳、[美]堀宣行
9戦5勝
前走:2011/10/9 毎日王冠(G??)①着
 前走はやや出遅れ気味のスタート。道中も後方を追走し、直線に向いてからも行き場がなくなるシーンがあった。ラスト200mでようやく進路が開くが、緩い流れで前も止まらない。しかし坂を上りきってからの脚が強烈だった。一完歩ごとに差を詰めると、最後はクビ差だけ前に出てゴールし重賞連勝を飾った。勢いだけならここに入っても一番。一気に頂点までのし上がるか。

トーセンジョーダン
牡5歳、[栗]池江泰寿
15戦8勝
前走:2011/8/21 札幌記念(G??)①着
 阪神大賞典を取り消し、宝塚記念では後方から力を出し切れずとリズムに乗り切れなかった春。だが前走はいつもの好位からの競馬で、ハナ差ながらも②着以下を捻じ伏せる内容で重賞3勝目を飾った。前哨戦を使わずここ一本は予定通りで、調整も順調。東京はこれまで3回走って②①①着と好相性だけに、一発があっても驚けない存在だ。

ブエナビスタ
牝5歳、[栗]松田博資
20戦8勝
前走:2011/6/26 宝塚記念(G??)②着
 昨年ジャパンCでの降着以降、どうも運に見放された競馬が続いている印象の同馬。それでもドバイでのレースを除けば上がり3ハロンは最速をマークし、全て②着まで迫っているのは実力以外の何者でもないだろう。岩田騎手も今回が3戦目だけに結果が欲しいところ。ブエナの脚が存分に生かせる東京コース。昨年完勝した舞台で、ここから再び連勝を目指す。

ローズキングダム
牡4歳、[栗]橋口弘次郎
14戦6勝
前走:2011/10/9 京都大賞典(G??)①着
 宝塚記念④着で復調を示しただけにいい形で前哨戦を終えたかっただろうが、その期待通りのレースぶりで昨年のジャパンC以来となる勝利。春に懸念された59キロの斤量であっさり勝ってしまうあたりは成長だろう。こちらも東京では連を外したことがなく得意コースと言える。ジャパンCの勝利はブエナの降着によるものでもあるだけに、実力を示して堂々と古馬の頂点に立ちたい。



10月30日
東京競馬場



関連記事
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。