自分のスタンス - KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α

2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α ホーム » スポンサー広告 » 日記 » 自分のスタンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。

自分のスタンス

ある方が私を紹介してくださったようです
恐縮です
有難うございます

私のスタンスですが



馬券を購入するにあたって考えることは
①買い目を絞る
 以前は多点買いをしていましたが、収支は決まってマイナスに収束しました
 的中率は上がりますが、そこに費やす投資金額に負けてしまいます
 例えば2点買いから3点買いに変更しても、的中率は10%程度しか上昇しません
 では、オッズ(合成オッズ)はどうなのか
 下がりますよね
 G1で5点買いなんてしますが、それはそれに見合ったオッズの場合のみです
 オッズ(合成オッズ)を下げてまで的中を拾うことに満足してもマイナスでは意味がありません
 当然、的中率が上がればストレスは減りますが
 となれば、2点買いの精度を上げることに拘るしかない
 2点買いだから連敗も多いのですが、「所詮2点買いだから」で割り切ればいいんですね、、

②淡々と買う
 これがまた難しい(笑)
 どこかで変な私情が入ります
 「連敗でヤバイ、、投資金額下げようかな、、」
 「収支がヤバイ、、穴を狙おうかな、、、」
 これでは、当初のスタンスを崩すことになります
 途中で変えるくらいなら最初からやらなければいい
 そう思っています
 だから、淡々と購入し続けることが大切なのではないでしょうか
 私の競馬師匠はこう言います
 「送信ボタンを押す勇気があるのか無いのか、最終的にはそこでしょ」
 「その瞬間に迷うようでは買わない方がいい」
 また、こんな事もありました
 1R~3Rで連戦連勝で3万位勝っていましたが、何故か携帯で馬券を購入しまくり、、
 「乗っているので、4R以降の買い目を増額購入するわ」
 凄いな、、、と感心しました
 当然、殆ど倍額投資で戻りも莫大になりました
 押し引きの大切さでしょうか
 逆に負けている時は絶対に追加購入はしませんでした
 
 その師匠の買い目は
 ワイド1点、馬連2点
 3連複と3連単は遊び程度の購入でしたね
 3連複は2頭軸
 3連単は◎の2着3着付け
 3連単なんて「宝くじだよ」と言ってました 

 基本は◎○▲を見極めること
 それが無理なレースはワイド1点で遊ぶ程度

 その姿が今の自分のスタイルに大きな影響を与えました

③ブログ運営
 自分の馬券収支の見直しが出来るので始めました
 最近は広告貼りまくりで恥ずかしいですが、ご愛敬で(笑)
 ネットの世界ですから顔が見えません
 それをいいことにキナ臭いブログや、随分と人間性に欠ける方も見受けられます
 私?
 それは皆さんが判断してください(笑)
 温かいコメントやご支援が有れば非常に励みにまります
 そういう温かい人たちとは大切にお付き合いしたいと思っています
 
 ※ランキング最高順位は3位です
  今は100位くらいかな? 殆どは150位くらいです
  あまり上位に行きたくないです
  上位にいくとプレッシャーが大きくなるから
  ほどほどの位置で十分ですw
  コソコソと更新しますから(笑)
  

 
関連記事
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kurokeiba.blog43.fc2.com/tb.php/1476-f78100dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。