プロの定義 - KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α

2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
KUROさんの投資競馬:魂の2点買い+α ホーム » スポンサー広告 » 日記 » プロの定義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。

プロの定義

年末のDynamite!!
「青木VS廣田」

色々と問題になっている腕折りと試合後の挑発

折ったこと(折れた)は結果論

試合後に「靭帯が切れていた、、」とか

そういうのもある

青木の強さも認めざるをえない


でも

プロじゃない


「自分はプロだ」と唄うは辞めるべきだw


何故?

それが解らないならプロじゃない証拠


バカバカしい




VリーグやJリーグ

その歴史を見れば明らかだろ?




自分は競馬のプロじゃありません


プロの定義が青木とは違うから




超気分悪い
pr

当講座では、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを0~99の100段階、Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを0~99の100段階で表しています。各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。
■「FieLDS Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」廣田VS青木戦における
青木選手の廣田選手に対する侮辱行為に関する意見書

 昨年大晦日に開催された格闘技イベント「FieLDS Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」の第16試合終了後において、試合当事者の青木真也選手による、常軌を逸した許されざる行為が見られました。ここに改めてその内容をつまびらかにすると共に、厳重なる抗議と強い遺憾の意を表明する次第であります。
 周知のように、青木選手は対戦相手である廣田瑞人選手の右上腕骨を折る結果となり、試合はレフェリーストップによる青木選手の勝利が確定いたしました。当然のことながら格闘家同士の真剣勝負を行っている以上、試合の経緯については敢えて言及するつもりはございませんし、青木選手のことは日本ライト級屈指の実力者であると認めております。
 しかしながら、全国ネット放送という総合格闘技の地位を向上させる最高のチャンスにも関わらず、青木選手の試合直後の節度を越えたパフォーマンスにより、そのチャンスは水泡に帰することになってしまったと考えます。レフェリーストップがかかるまで戦い抜きリングに横たわる敗者に向かって、敬意を表するのではなく、舌を出し中指を突き立て、さらに観客の怒号が飛びかう中、骨折させた部分をことさらに強調するかのように腕をぐらぐらさせて、リング内を得意気に走り回るという行為を繰り返しました。
 当連盟傘下団体の主催する試合において、同じ陣営の選手が今回の青木選手と同様の行為を取るならば、選手資格の取り消しをも含む厳罰な処分が下されることは言うまでもありません。
 また試合後のインタビュー等においても、形式的に謝罪の弁は述べておりますが、青木選手から反省の気持ちを感じ取ることはできません。別紙のインタビュー記事(編注:「DREAMオフィシャルウェブサイト」からの引用)にも記載の通り、青木選手は笹原氏より厳重注意を受け「反省しています」と言いながらも、その後フィニッシュした極め技のことを「笹原さんが『刺しに行け』と言って、しっかり刺してきたので『笹原圭-2010』です」とコメントしたり、廣田選手の腕を「確実に折りにいきました」と述べるなど、誠意と謝意は微塵も感じられない言葉を重ねております。
 いずれにせよ我々は、青木選手白身はもとより、彼をその影響下におき、煽り立て、結果としてかかる振る舞いに至らしめたと推測される関係者に対して、心からの猛省を促すと共に、然るべき処罰を強く求めます。少なくとも「厳重注意」「反省」といった、お手盛りの言葉とやりとりで許される類いのものでは決してないはずであると考えます。

 総合格闘技を目指す若者は、荒くれ者の集りではなく、柔道やレスリング、フェンシング等と同じように、紳士的で礼儀を守り人間的にも人から愛される、教養ある人間でなくてはならないと考えます。われわれ日本格闘競技連盟の構成メンバーは、総合格闘技を真のスポーツとして確立し、いずれはオリンピック種目にまでその地位を引き上げようと日夜努力している立場からも、今回の不祥事は断じて看過することができませんし、何より最強を求め日々努力を重ね、栄光の舞台を目指し一生懸命練習をしている選手たちまでもが、社会に対しまるで無法者集団のごとき印象を与えてしまったのではないかと思うと、これほど残念で無念なことはありません。
  今後、二度とこのような行為が行われないよう、厳重なる処罰を望む次第であります。

2010年1月7日
日本格闘競技連盟
会長 福田富昭
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kurokeiba.blog43.fc2.com/tb.php/1271-0e48c628

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。